Top > キャラ対策 > 鈴仙
HTML convert time to 0.034 sec.


キャラ対策/鈴仙

Last-modified: 2014-08-03 (日) 10:34:37

鈴仙・優曇華院・イナバ Edit


基本 Edit

射撃寄りのスタンダードキャラ。
鍋の具材だった頃の面影はないものと思った方がいい。
相性的にはかなり悪い部類なので、我慢の立ち回りから一発を狙おう。

近距離 Edit

有利と言いたいが、向こうもJAを筆頭に優秀な技が多い。
スーパーうどんパンチに代表される初見殺し的な技も多いので、最初のうちは
食らいながら覚えていくつもりでやる。
向こうは切り返しが強い方ではないが、追い詰めたからといって無理にH6Aを狙うと
2Cで潰されたりするので欲望はあまり出さないこと。
また、この距離では絶対に飛んではならない。向こうのJ8Aのいい的になる。

中距離 Edit

基本は地上にへばりついて射撃をダッシュでグレイズ。
相手もあまり地上でやれることがないので、そのまま近づくチャンスを窺おう。
ポイントはダッシュ狩りのDhAへの対応。
正ガードできれば有利(結界も可)だが、ベンドやエクスでキャンセルしてくることも多い。
ここらへんは読み合いなので、相手の動きを考えつつ動こう。

なお、空中戦は基本的にこちらがガン不利。
こちらが何をやっても向こうのJ6A・J8Aや射撃に勝てる見込みはない。
よほど相手の動きがわかりやすくて読みやすいレベルでなければ、空中戦は打ち負けてボコられるだけである。
ましてや高跳びして2Cは、対鈴仙には封印してもよいレベルにやらないこと。
相手に絶好のコンボチャンスを与えるだけである。

遠距離 Edit

ベンドやブラストがとにかくうざったい。
適当にC射を撃っていると事故でやられたりするので、とっとと近づこう。

固め対策 Edit

固めを抜けるには、鈴仙のJ2A、J6A、AAAAにすれば結界で抜けられる。
AAA>B>C射orエクスと来る場合が多いのでAAAの時点で前ダッシュなどをしてもいい。
2結界をしてからでもJ8Aで狩られる場合が多いので、J8Aを素直にガードして飛翔して逃げた方がいい。
ただ、上に逃げてからJ8Aをしてこない場合もあるのでそこも読みあいとなる。
中央でDAをガードさせられた場合はかなりの確立でエクスが飛んでくるので大人しくガードして結界抜けするが吉。
DA>エクス>hjc>J6Aで前ダッシュを狩られることもあるので大人しめに、時に大胆に動こう。
起き攻めに対し、バクステで逃げようとするとブラストやエクスで狩られる場合もあるがお空に有利があるので落ち着いて対処しよう。
起き攻めにJAを重ねてくる場合にヤタダイブを合わせようとすると当然のように着地ガードが間に合うのでゆっくり固め抜けを。
C射やエクスでの固めをされている最中に暴れは厳禁。事故って酷い目にあう。
もちろんヤタダイブで差込なんてできないので、ダイブは見せるだけでもいいのかもしれない。
ちなみに珍しいパターンだが、唯一の下段択3Aを振ってくる場合もある。6Aは中段なのでそこも注意。

天候について Edit

  • 曇天
    うどんげはコスト1〜3に使えるスペカが多いのでスペカがかなり使いやすくなる。
    序盤でコスト2国士無双されると絶望がマッハ。

  • 霊力回復が上がり、ベンドやブラストをガンガン使えるようになるので非常にキツい。
    ついでに当たった時のダメージもかなり痛い。
  • 花曇
    全攻撃をグレイズされるのはお互い様だが、うどんげは長時間地上ダッシュするとスリ抜けるようになる。
    摩耗目的で持続の長い攻撃をグレイズさせようとしたら、グレイズどころかスリ抜けて後ろに回られた、
    という事もありうる。幸いスリ抜ける事が出来るタイミングは決まっているので注意しておこう。

  • 特別どちらが有利、という訳ではないように見えるが、
    うどんは低コスで使いやすいスペルが揃っているため、
    カード破壊の影響が少ない。高Lv必須なスキルもない。せいぜい国士を破壊されたら痛い程度。
    逆にこちらは主力スペルが4〜5コスに多く、切り返しをカードに頼る事が多いため、
    重要なカードを破壊されてしまった時の影響が大きい。

要注意スペルカード Edit

  • 弱心「喪心喪意(ディモチヴェイション)」
    HITするとこちらを弱体化させる効果のあるコンボ用スペル。コス1。
    喰らうと符蝕薬と同じく、こちらのカードが一枚破壊されてしまう。
    加えて混乱状態となり、約5秒間スキル(カード宣言含む)とスペルが使用できなくなってしまう。
    ダメージは安いがコスト1で手軽にコンボに組み込める上にカード破壊・混乱付与で出し得感がある。
    コンボに組み込んで確実に当てるタイプのスペルなので意識して避けると言う事は出来ないが、
    せめてこれが見えている時は重要なカードはカード送りで後ろに回して守っておきたい。
    KO時の追い討ちとしても機能するので負け確状況でも重要カードを守るのは忘れないようにしよう。
  • 長視「赤月下(インフレアドムーン)」
    約10秒間、画面全体にフィールドウルトラレッドと同等の場を形成する。コス2。
    全画面なので回避する事は出来ず、効果時間中は射撃無敵+うどんげの判定が明滅して見えにくくなる。
    射撃前提でゲームバランスが組まれているこのゲームで10秒間の射撃無敵は致命的に不利。
    お空は小回りが効かないため効果時間中ずっと逃げ回るのも難しい。
    加えてうどんげが見えにくくなるので3A等で迎撃しようにもタイミングを図り辛い。
    委縮しているところにめくりを決められようものならもう無理。
    とにかく動き回って的を絞らせないようにしたい。
    最近はサブタレのメタとして積んでいる兎も散見される。相手のカードは見ておこう。
  • 喪心「喪心創痍(ディスカーダー)」
    ディモチベイションの強化版。3コス。カード二枚破壊+混乱10秒。
    カードを二枚破壊されるので、思うように重要カードを退避出来ない事が多々ある。
    根本的な対策はとりあえず一番破壊されたくないカードを一番後ろに回しておくしかない。
    お空の主力である4〜5コスの強力なスペルのコストが確実に足りなくなるのも痛い。
    さらに10秒の混乱は重大なダメージ・カード宣言機会の損失+カード効率の低下を招きこれも地味だが痛い。
    なるべく喰らいたくないスペルだが、
    喪心喪意同様にコンボの締めやKO時の追い討ちとして使う兎が大半なので
    コンボをくらってしまった場合はあきらめざるを得ない。
  • 生薬「国士無双の薬」
    攻撃・防御を強化する薬を服用する。3コス。攻撃は発生しない(4本目以外)。
    3コスだが一度に攻撃・防御両方強化でき、強化率も身代わり人形等より高い。
    1R目序盤等の早い段階で使われるとその後の展開がかなり辛くなる。
    魔法陣ダウン等でなければそうそう使えるものではないので、
    一応ダウンしなければ予防にはなるが、そう上手くはいかない。これもKO後と相性がよい。
    符蝕薬を当てる機会があれば潰しておきたいレベル。
  • 「幻朧月睨(ルナティックレッドアイズ)」
    5コス。コンボ専用。
    しかし、地上空中問わずどこでも出せて、つながる状況が非常に多い。
    2ラウンド目で体力が減っているとコンボの〆にこれが飛んでくると思ってもよいだろう。
    幸いダメージは3k台であることがほとんどだが、「とにかく何か当ればつながる」という強みは無視できない。
    鈴仙の火力アップ・最後のとどめ用スペカとしてまず積まれていると思ってよいだろう。

要注意スキルカード Edit

  • マインドベンディング
    今回のうどんげの主力スキル。目標に当たるか相殺されると拡散して周囲に爆風を撒き散らす。
    遠距離ならそこまで怖くないが、問題は近〜中距離。
    例えC射等で相殺したとしても爆風が展開され、グレイズしてもやはり拡散して爆風が展開される。
    攻撃範囲が非常に広く、制圧力が半端じゃないのでこうなるとうどんげのペースになってしまう。
    連発してると霊力はすぐ枯渇するはずなので、相手のグレイズ狩りに気をつけつつ
    頑張ってグレイズするしかない。
  • イリュージョナリィブラスト
    発生と同時に画面端まで攻撃判定が発生するタイプのレーザー。
    相殺強度がウリのお空C射・6Cを遠慮なくぶち抜いてくれる。
    加えて前動作もそこまで大きくなく、後だしでC射・6Cが負けてしまう。
    更に高度を合わせなければ大丈夫かと思いきや、斜め上にも撃てるので
    J2Cで死角から攻撃しようとしてもアッサリ迎撃される。
    ダメージも結構あり、後隙もあまりないので非常に厄介。
    スキルなので霊力管理が大変なのが唯一の救いか。

備考 Edit

 

  • うどんのAAA>Bって連ガ構成じゃないか?グレイズなんてさせてもらえないよ -- 2012-06-06 (水) 11:03:38
  • 空使ってると鈴仙がどんだけクソキャラか良く分かる -- 2013-05-27 (月) 01:21:42

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White